スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

どんでん返し



手術を1週間後に控え、最後の診察。

手術前のカンファレンスの結果が出ているということ
なので、夫同伴で病院へ向かう。

今日も待合室は込み合っており、夫は落ち着かない
様子で私が持参した乳ガンについて書かれた本に目を
通している。

待つこと2時間強。
結局、診察室に通されたのは最後。

主治医は夫が同伴しているのに一瞬驚いたようだが、
すぐに診察に。

前回受けた入院前検査については特に問題がなかった
との事。

主治医からの事前説明では、術式は「左胸扇状切除」
ということだったのだが、カンファレンスの結果、
担当医以外全員一致で「全摘出」という意見だったと
告げられました。

「残せると思っていた胸が残せないなんて。」

一気に目の前が真っ暗になりました。

先生としては、
「可能な限り胸を残したい。」という私の意志を尊重
しての判断だったそうですが、シコリ自体は小さい
もののMRIの画像では、乳腺の1/3程腫瘍が占めている
よう見える上(MRIでは実際より広く映る傾向にある
みたいですが)超音波で見ると石灰化ともシコリとも
判別しずらい影が見えるというのが理由でした。


カンファレンスの結果や手術中に全摘出になる可能性が
無いわけではないと説明は受けていましたが。

「何故今になって。」
という思いで涙がこぼれそうになりました。

出産を視野に入れた場合、局所内再発の可能性を
最大限抑えるのが望ましく、
発症年齢が高い=再発リスクが高い=転移の可能性
も高まる為、全摘が望ましいということでした。

この年まで子供を作らなかったぐらいなので当初は出産
には特にこだわらないと言っていた私ですが、出産を
諦めたくないという思いが強くなってきていました。


扇状切除の可能性、全摘の際の再建方法、同時再建、
皮下乳腺全摘出等について改めて質問したところ

「もちろん扇状切除を希望することも可能だけど、術中
検査で断端陽性だった場合は全摘出になるし、放射線を
やったとしても、全摘に比べて再発リスクは高くなる。
放射線を当てると再建出来ないわけではないが難しい上
全摘後の再建の方が仕上がりがキレイ。
皮下乳腺全摘出については、内視鏡を使って手探りでやる
手術なので手術時間が長くなり、全摘に比べると乳腺と
脂肪が残るので再発リスクが若干上がる。
これ以上手術を伸ばすのも心配だし、術後ある程度
経過して再発リスクが下がった段階で再建したらどうか?」
という意見でした。

「もし部分切除で行くなら、切除範囲は迷うと思う。
超音波でもう一度確認してみようか。」

確認しながら、切除範囲が広くなり変形の可能性が
生じる事や、最近二期再建した患者さんの胸が凄く
キレイだった話をしてくれました。
(今思えば、その方はどこの病院で再建しどんな術式
だったのか、同時再建は可能なのか突っ込んで聞いて
おけば良かったのですが…。)

「手術の前日までに決めれば良いから。良く考えてみて。」

診察室を出ながら、会社を全休にしておいて良かったと
思いました。

夫を見送って、帰宅しようと携帯をチェックしたら
母親からメールが入ってました。

とりあえず、今日の診察の結果を報告すると

開口一番
「胸より大事なのは命でしょ。全摘出にしなさい。」

との返事。

私も、自分の大切な人にアドバイスを求められたら
当然同じ答えを口にすると思う。

ただ自分の事となると…。
とにかく時間が許す限り考えてみると告げると、

母親が
「お父さんと電話変わるね。」と言ってきたので
思わず

「バスが来たから。」
と一方的に電話を切ってしまいました。

父親とも話すべきだとも思ったのですが、胸を失う
かもという内容もあって直接話す気力がありません
でした。


考える時間は5日間しかない。

それまでに納得いく答えを出さなくては。




ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

草津温泉



来月頭に手術を控えたMOMO。

大好きな温泉に入りたい!!(入っておきたい)

ということで、急遽日帰りで草津に行ってきました。

話題のスポット「八場ダム」を遠目に見ながら
目的地を目指す。

thm101_file.jpg

西の河原露天風呂で一風呂浴びてから草津温泉のシンボル
湯畑へ
9.22草津 のリサイズ画像


次に温泉に入るときは貸切風呂になるのかなぁ…。

等考えながら帰路につく。


いよいよあと10日で手術です。









ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

CT&骨シンチ



乳がん告知から1週間。

検査の段階から多分乳がんだな。 と思って覚悟はして
いたので思っていたよりもショックは少なかったです。

初期での発見ということもあると思いますが、
なってしまったモノは仕方が無い。とわりと前向きに
受け入れた自分がいます。(←強がり)


今日は乳がん患者になって初めての病院です。

がんと確定したらお次は転移の検査ってことで
まずは骨シンチの為、アイソトープという放射性の
医薬品を注射。

薬が骨に取り込まれるまで3時間程かかるらしいので
その間にCT検査。

検査着に着替えて更衣室を出ると、今度は造影剤を注射。
ただの注射だと思っていたら、造影剤を流すのはCT撮影中
なので、造影剤を流す為の針と管を装着するらしい。

どこに刺すのかと思ったら、なんと親指側の手首の
血管ですって

想像した通り痛い。
しかも針と管をテーピングで固定された状態でCTの
待合室に移動するよう言われる。

違和感はあるわ、ビジュアル的にキツイわで歩行も
ぎこちない。
順番を待つ間も気になって仕方がない。

検査室に呼ばれ、いざCT。
造影剤が入って来た時、体を熱いものが駆け巡るのが
わかりなんとも言えない気分に。


CTを終えて骨シンチの撮影の為、再び別棟へ。

仰向けに寝て頭から足にかけて人間スキャン。

帰り際にモニターを見たら、
私の全身画像(誰もが思い描く骸骨そのもの)が写って
いたので

単刀直入に「疑わしいところとか無いですか?」
と聞いてみたら、

「主治医の方から説明があると思うので。」
と交わされてしまいました。(当たり前か)


結果を聞きに来るのは2週間後の来月の10日。
転移してないと良いけど。。


乳腺外科の受付でセカンドオピニオンの紹介状を受け取り
会計を済ませる。

本日のお会計;26,200 円
(骨シンチ/CT/採血/2ndオピニオン紹介状)

お金のかかる贅沢な身体になってしまったもんだ。。





ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

プロフィール

MOMO

Author:MOMO

結婚してはや5年。
DINKSとして自由を謳歌してきたが
気付けば高齢出産と言われる年齢に…

そろそろ子供でもと考え始めた矢先、
若年性乳がんと診断され…

まずは再建!!
あわよくば出産!!

<近況>
ベランダで植物と戯れてます。
気が付けばベランダー。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事&コメント

最新トラックバック

カウンター

累計訪問者数:
現在の閲覧者数:

参加中

クリックが更新への活力

応援よろしくお願いします

フリーエリア



明日の天気

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。