• home >
  • 再建への道



スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

乳房再建講演会



花粉舞う小春日和。

SOG主催の第4回乳房再建講演会に行ってきました。

SOGとは「ステキなおっぱいゲット!」の略で
横浜市立大学附属市民総合医療センター再建外科准教授の
佐武利彦氏によって乳房を再建した再建仲間が自然発生的
に集まったグループだそうです。

講演内容は
・乳がんの最新治療
・オーダーメイドの乳房再建
・Q&Aセッション
・乳房再建体験者の声


三連休初日だし、
既に再建に向けて通院してるし行かなくても良いかな?

とも思いましたが、限られた診察時間を有効に使うには
情報が多いほうが良いだろうと思いなおし、数日前に慌てて
申し込んだのでした。


乳がんの最新治療では
臨床結果を交えた補助療法について為になる話が聞け、

乳房再建については
実際に手術を受けた方の手術中の写真や術前術後の写真を
見ながら穿通枝皮弁法や動脈皮弁法について詳しい説明
を聞けた事で手術に対する理解を深める事ができ、有意義
な時間を過ごす事が出来ました。


なにより
佐武先生の人柄や、手術を受けられた方の満足
された様子を感じる事が出来た事が一番の収穫でした。



命を守ることが目的の医療の現場では

お客様の求める物を提供する。

という市場で当たり前とされるシンプルな図式が通用しない。


患者のボディーイメージやメンタル面のフォローがまだまだ
充分とはいえない日本の乳がん治療。


手術不要の乳がん治療は当分先の事だとしても
同時再建が標準治療となる日が来る事を祈らずにはいられ
ません。


佐武先生の著書

乳がんを美しく治す乳がんを美しく治す
(2009/10/06)
佐武 利彦

商品詳細を見る






ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

再建外来デビュー



いつまで続くのか?と思っていた術後の胸の痛みもほとんど
感じなくなってきた今日この頃。

手術前は、命さえ助けてもらえば胸のひとつやふたつ!!
と思っていた私ですがのど元過ぎればナンとやらで
先日購入した書籍乳がんを美しく治すの影響もあって再建熱が
日々高まっています。


やわらかくてあたたかいおっぱい。
自分と一緒に年齢を重ねる胸。 etc.


実際に再建をされた方々の声を本やブログ等で目にする
うちに、再建するなら穿通枝皮弁法で
という思いがかたまりつつあります。


術後6ヶ月経っていないしさすがに早いかな?
とも思いましたが、少しでも前向きな気分になれれば。
と期待に胸を膨らせながら乳がんを美しく治すの著者
であるS先生が勤務するY病院の再建外来に行ってきました。


1時の予約でしたが、先生に謁見出来たのは4時。

長い待ち時間も苦痛に感じず、先生が素敵に見えたのは
気のせいでしょうか?


胸の計測と写真撮影の後、再建の時期と手術方法について
ざっくりと話を聞く。


再建の時期については、術後最低でも1年以上経過して
から行うのが望ましいということで

2010年の10月以降にティッシュエキスパンダーを挿入

ここまでは想定していたのですが予約が一杯の為
本手術は2012年以降 になるとのコトでした。


再建するなら3年後ぐらいかな?と考えていたので
望ましいといえば望ましいのですが
地デジより先になるのかと思うとちょっぴり切なくなり
ました。

乳頭&乳輪再建を終えて完成するのはいつになるというの?

胸さえ膨らめばこっちのモノ。
乳頭&乳輪については出産後(出来ればの話ですが)に
左右の胸のバランスを整えつつ再建すればいいかな?と
思っていたのでこちらも想定内といえば想定内なのですが…。


色々聞きたいコトもあったのですが、詳しくは次回の
診察の際にということで1ヶ月後に予約を入れて診察室を
後にしたのでした。


ワンモア乳房!!

再び胸を取り戻すまで長い道のりになりそうです。





ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

乳がんを美しく治す



早いもので術後1ヶ月が経過。
いつまで続くのか不安だった痛みも大分治まってきました。

来週からいよいよ(?)抗がん剤治療がスタート。
EC×4クルー
Weeklyパクリタキセル×4クルー(3×4 計12回)
の予定です。

副作用やケアグッツを用意するついでに再建についても
情報収集を再開。


手術前は平坦になるとばかり思っていた胸は、なくなった
胸の存在を強調するようにまるく凹んでました。

それはまさにミステリーサークルさながら(笑)



センセイ、聞いてないよ~。


もしかして…

宇宙人のシワザ!?

とボケてみても、なんともいえない淋しさが。



下着でカバー出来ると思っていたけど甘かった。

鎖骨下のヘコミは既成の下着ではカバー出来ず、襟ぐり
の広い服は着用不可。
手持ちの服のほとんどが着れなくなってしまい呆然。


強がってみても、やっぱり気分も塞ぎがちになる訳で…。


術前は乳がん手術以外の傷を体に残したくないと思って
いたので

・皮下乳腺全摘術+インプラントを用いた同時再建
・全摘して再発リスクの下がった頃に落ち着いて再建

で散々迷って全摘手術を選択したMOMO。


乳がんの再発の8割は術後2~3年以内、2割は5年以降
に起こるそうなので自分の中で

再建は3年後ぐらいかな?

と思っていたのですが、実際に胸を失ったことで生じる
様々な問題に直面し、

出来れば1日も早く再建したい。
に気持ちが変わってきたのでした。


胸に傷を負った今、体にメスを入れる抵抗感が術前に
くらべて軽くなり自家組織の再建もアリかも?
と気持ちが変化。

術前にある方のブログで知った

筋肉を使わず皮膚と脂肪組織を移植する
『穿通枝皮弁(せんつうしひべん)法』という自家組織に
よる再建方法について再度調べてみたら書籍が発売
されているじゃないですか!!

早速アマゾンに飛んで発注!!

乳がんを美しく治す乳がんを美しく治す
(2009/10/06)
佐武 利彦

商品詳細を見る


脱毛ケア用品の手配が先だろ!!
と自分に突っ込みつつ手元に届くのが楽しみな
MOMOでした。







ランキングに参加してます。→→→ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

プロフィール

MOMO

Author:MOMO

結婚してはや5年。
DINKSとして自由を謳歌してきたが
気付けば高齢出産と言われる年齢に…

そろそろ子供でもと考え始めた矢先、
若年性乳がんと診断され…

まずは再建!!
あわよくば出産!!

<近況>
ベランダで植物と戯れてます。
気が付けばベランダー。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事&コメント

最新トラックバック

カウンター

累計訪問者数:
現在の閲覧者数:

参加中

クリックが更新への活力

応援よろしくお願いします

フリーエリア



明日の天気

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。